IoTプロフェッショナル・コーディネータへの道、[No.7] 松尾 圭浩 さん

少しでもみなさんにIoTを正しく理解していただき、興味をもっていただけるように、自らも現状で満足せず日々勉強していきたい!」

by 松尾 圭浩 さん

会社名 株式会社富士通ラーニングメディア
役職

西日本ソリューション部

ETロボコン関西地区実行委員会 事務局局長

URL www.fujitsu.com/jp/group/flm/
都道府県 大阪府
保有している
資格や認定
IoTプロフェッショナル・コーディネータ
MCPC IoTシステム技術検定中級
スマートマスター試験
AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)
上級ウェブ解析士
情報処理技術者試験(ITサービスマネージャ、エンベッド等)
その他の試験や認定資格(207科目に合格)

 

質問1)受験のきっかけを教えてください。

現在の職務は、IT系の研修講師として、企業のお客様を中心に日々研修サービスを提供しています。

IoT関連コースについても、2016年から担当していますが、ちょうど提供開始のタイミングと同じ頃に、IoT検定がスタートすると知り、新分野の知識習得の教材としてIoT検定を受検することにしました。

また、個人的にさまざまな検定を受検することで、自らの知見を広められることが楽しいと考えています。

質問2)現在の業務内容、IoTへの関わりについて教えてください。

上記のとおり、IT系の研修講師として、IoT関連コースを担当しています。

また、組込みシステム技術協会(JASA)主催のET/IoT Technology Westといった展示会のワーキングメンバーとして、当日のセミナーセッションを企画しています。

2018年、2019年はこのIoT検定に合格したIoTプロメンバーとともに、IoTに関するパネルディスカッション・セッションを担当させていただきました。

www.jasa.or.jp/etwest/2019/conference2019/confpage-hu01.html

質問3)勉強方法を教えてください。

私が受検したのは2016年で、まだ正式な試験を開始する前のベータ版試験のときでした。

そのため、現在のように参考書や問題集もなかったため、ホームページに記載の出題範囲にかかれているキーワードをひたすらインターネットで調べて学習しました。

特に、技術系以外の分野は普段あまり意識していなかったため、調べながらいろんな気づきがあり、勉強になりました。

当日の試験もベータ版だったため、3時間くらいで200問近くを解答する必要があり大変だった記憶があります。

質問4)IoT-PC保有者になって良かったことを教えてください。

これまでお付き合いのなかった他のIoTプロフェッショナル・コーディネータのみなさんとの交流ができたことが一番良かったことです。

大阪のコミュニティのみなさんとリアルな場で意見交換できたり、全国のコミュニティのみなさんとFacebookで交流できることでいろんな勉強をさせてもらっています。

また、前述のET/IoT Technology Westでのパネルセッションなどをとおして、たくさんの来場者とのご縁をいただけています。

質問5)今後の活動について教えてください。

お客様へ研修を提供するにあたり、少しでもみなさんにIoTを正しく理解していただき、興味をもっていただけるように、自らも現状で満足せず日々勉強していきたいと思います。

また、大阪のIoTプロコミュニティを中心に、IoTの輪が広がっていけるように取り組みます!

みなさん一緒に楽しみましょう!