団体概要

IoT検定制度委員会とは

IoT検定制度委員会は、複数の業界団体・企業・有識者からなり、IoT/M2M等の技術やマーケットについての知識やスキルの可視化を行う検定を行う団体です。

前身となるIoT検定準備委員会を2015年11月からスタートしました。2016年春に本試験運用を目指し、IoT検定制度準備委員会から2016年4月にリリースを発表しIoT検定レベル1ベータ試験を行いました。

5月11日より本試験を開始しています。

アドバイザリーボード

2016年9月28日付でアドバイザリーボードを設置し、今後、IoT人材育成、IoT検定制度へのアドバイスのほか、IoTが世界的に重要な今、グローバルな視点での展開、また海外での検定実施を視野に提言をいただく予定です。

目的

IoT(Internet of Things)がモノとモノをつなぐことから、モノとヒト、ヒトとヒトをつなぐインフラとなる社会において、IoTを知ることはユーザーのみならず、IoTに関わるすべての人が対象となる新しい領域です。

社会的意義から人材育成や教育支援は欠かせないものであり、IoT検定が果たす役割を明確にし、社会に役立つ叡智のプラットフォームを目指しています。

概要

正式名:IoT検定制度委員会

設立日:平成28年4月27日

委員長  :中島 洋

チェアマン:村上 憲郎

事務局長 :近森 満

 

IoT検定制度委員会 委員名簿

メンバー

中島 洋
(委員長)
一般財団法人 沖縄ITイノベーション戦略センター 理事長
国際大学 グローバルコミュニケーションセンター 教授
全国ソフトウェア協同組合連合会 名誉会長
株式会社MM総研 代表取締役所長
一般社団法人日本個人情報管理協会 理事長
満岡 秀一 株式会社トップゲート 取締役
渡辺 登 合同会社ワタナベ技研 代表
NPO法人WRO Japan 理事/実行委員長
原口 一孝 KT-NET 運営事務局
東京システムハウス株式会社 スマートセキュリティプロジェクト課長
高安 篤史
(委員会主査)
合同会社コンサランス 代表
中小企業診断士
末石 吾朗
(委員会主査)
東京電機大学 講師
人工知能概論 共著者
喜多 一  株式会社アークテック 代表取締役
本田 務  GMOクラウド株式会社 IoT推進室ディレクター
合田 竜貴 コムテック株式会社 西日本営業推進部 部長
中小企業診断士
近森 満
(事務局長)
株式会社サートプロ 代表取締役
電気電子系技術者育成協議会 理事
一般社団法人IT職業能力支援機構 代表理事

 

アドバイザリーボード 名簿

アドバイザー

村上 憲郎
(チェアマン)
村上憲郎事務所 代表取締役
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 理事長
電通総研 カウンセル 兼 フェロー
株式会社ブイキューブ社外取締役
東京工業大学学長アドバイザリーボード委員
大阪市立大学大学院特任教授/大阪工業大学客員教授/会津大学参与 兼務
元Google 副社長 兼 Google Japan 社長
荻野 司 一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) 代表理事
京都大学 特任教授 博士(工学)
大三川 彰彦 トレンドマイクロ株式会社 取締役副社長
川原 洋 サイバー大学学長 兼 IT総合学部学部長
サイバーユニバーシティ(株)取締役
NPO日本MITベンチャーフォーラム・アドバイザー(前理事長)

※敬称は略させて頂いております。

※平成30年7月30日現在

スポンサー・パートナー

スポンサーシップ・パートナーシップのページへ

 

公式ホームページ  www.iotcert.org/

公式フェイスブック www.facebook.com/IoTkentei/

 

IoT検定制度委員会事務局:

IoT検定運営事務局:株式会社サートプロ 連絡窓口 近森 満

TEL:03-6276-1168 FAX:03-6276-1169

info@iotcert.org

IoT