IoTプロフェッショナル・コーディネータへの道、[No.6] 木下 勇 さん

年配のエンジニアとして、IoT等の新技術に関しての説得力は増したと感じています

by 木下 勇 さん

会社名 株式会社 ラフトレイド・エンジニアリング
役職 機械設計事業課
URL www.raftraid.com/
都道府県 茨城県
保有している
資格や認定

・IoTプロフェッショナル・コーディネータ

・情報処理技術者試験・基本情報技術者

・IoTシステム技術検定・中級

質問1)受験のきっかけを教えてください。

エンジニアとして長年勤務していた時には、「特許は出すように」言われましたが、「資格を取れ」とは言われていませんでした。

早期退職に応募し、再就職するときに履歴書に記載する資格がありませんでした。

そのため、定年の年齢後に種々の試験を受験するようになりました。(幸い、再就職ができました)

また、自分では理解しているつもりでも、技術の進歩についていけているのか、自身が持てなかったので、それを確認したいという思いもありました。

質問2)現在の業務内容、IoTへの関わりについて教えてください。

現在はIoTに直接関わる業務ではありません。

プラント関係のエンジニアとして、若い社員達と一緒に設計等の業務を行っており、今後IoTとの関わりがでてくるかと考えています。

質問3)勉強方法を教えてください。

IoT全般については、テキストの「IoTの教科書」IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書を読んで勉強したり、IoTの( I )の方については情報処理技術者の勉強を並行して行う等、一般的なことのみ行ってきました。

IoTの( oT )の方については、長年の勤務時に工場でプロセス制御、メカトロ制御の設計を経験していたことにより、テキストの内容を復習のように勉強できました。

個人の経験であり、勉強するような内容ではありませんが、経験者にはお勧めします。

質問4)IoT-PC保有者になって良かったことを教えてください。

仕事の上で、直接良かったことはありませんが、年配のエンジニアとして、IoT等の新技術に関しての説得力は増したと感じています。

質問5)今後の活動について教えてください。

プラント関係のエンジニアとして業務を行っており、それを進めていく中で、今後IoT技術に関連した内容にも関わっていきたいと思っています。

その他)みなさんへメッセージ

記載の通り、華々しくIoTに関連した業務に、現在関わっている訳ではありません。

しかし、以下の2点が自身の体験談の特徴かと思います。

1. 定年退職(前)後の年齢(61歳)になってからの受験・合格。

2. 工場でのプロセス制御、メカトロ制御の設計経験を生かせたこと。